賃貸住まいでは原状回復訴訟回避対策として入居前の写真撮影を

賃貸住まいでは借主と家主の立会いの下で原状回復訴訟回避対策として入居前の写真撮影をしておくこと

賃貸住まいでは原状回復訴訟回避対策として入居前の写真撮影を

賃貸住まいでは原状回復訴訟回避対策として入居前の写真撮影を

賃貸に住むときは契約者は借主の立場でありますので自然損耗の範囲を超えて室内を破損させたり汚したりすることが許されません。そのようなことになれば貸主から損害賠償の対象とされ損賠賠償を要求されることになります。そして貸主は万が一借主が支払わなかった場合を想定して多くの物件では敷金というのをある意味では担保として預かっています。それによって多くの借主は自然損耗の範囲を超えた室内の破損や汚損をしないで済んでいるのです。

しかしそれでも依然として貸主と借主の間で室内の破損や汚損を巡ってのトラブルは相次いでいます。そこで国土交通省ではガイドラインとして自然損耗の範囲の破損や汚損は貸主の負担ということで普段の家賃で回収するべきである旨の通達を出しました。そこで問題なのはどこまでが自然損耗の範囲か否かということです。それをあいまいにしておけばまた借主と貸主の間でトラブルに発展しかねないのです。ということで賃貸物件を契約する際には仲介である不動産屋さんの立会いの下で室内外の写真撮影を詳細に何枚も撮影しておいて契約書に添付しておくことがトラブル回避の1つの提案になります。写真は床、壁、天井、キッチン設備、風呂場とトイレの内部、ベランダなど何枚も撮影しておくことで確実な証拠物件にするのです。それにより原状回復を巡ってのトラブルの可能性を激減させることができるのです。

おすすめ

Copyright 2016 賃貸住まいでは原状回復訴訟回避対策として入居前の写真撮影を All Rights Reserved.